西暦 日本 出来事 資料

紀元前3000年~300年頃

 

縄文

弥生

☆紀元前3000年頃、メソポタミア地方(現在のイラクの一部)で、地面にみぞをほって小石をならべて計算する砂そろばん誕生

☆紀元前2500年頃、ギリシャ・ローマで盤の上に線を引き、線の上に小石をおいて計算する線そろばんが誕生

☆紀元前300年~紀元後400年頃、ローマで現在のそろばんの形に近い五珠が1個、一珠が4個のローマ溝そろばん誕生

 

☆中国の漢の時代の終わり頃、徐岳という人が書いた「数術記遺」という本の中に、そろばんのことが書かれる

 

線そろばん(作製年代/20世紀)
300年頃~794年

古墳

飛鳥

奈良

☆奈良時代末期頃に成立したといわれる、日本最古の歌集「万葉集」に九九を使った歌がいくつも収められた

 

※例/万葉集3 239番 柿本人麻呂             原文 :八隅知之 吾大王 高光 吾日乃皇子乃 馬並而 三獵立流 弱薦乎 猟路乃小野尓 十六社者 伊波比拜目 鶉己曽 伊波比廻礼 四時自物 伊波比拜 鶉成 伊波比毛等保理 恐等 仕奉而 久堅乃 天見如久 真十鏡 仰而雖見 春草之 益目頬 四寸 吾於富吉美可聞     

「十六」と書いて「しし(四×四)」と読み、「鹿」や「猪」までもが皇子を敬っていると詠んだ一節です。

他にも三五月で十五夜(”じゅうご”や=望月)二二を”し”二五を”とを”八十一を”くく”など、九九に絡めている言葉が多くあります。

 

794年~1185年

平安

☆そろばんが伝来していない日本では「算木」という計算用具で、足し算、引き算、掛け算、割り算をしていた。

 
1185年~1333年 鎌倉

☆中国で五珠2個、一珠5個のそろばんができ、使われるようになる

☆中国で割り算九九ができる

例 割り算九九(一部)
二の段 二一天作五 にいちてんさくのご
  二進一十 にしんがいんじゅう   (にしんがいっしん)
三の段 三一三十一 さんいちさんじゅうのいち
  三二六十二 さにろくじゅうのに
  三進一十 さんしんがいんじゅう  (さんしんがいっしん)
五珠2個、一珠5個の中国そろばん(作製年代/20世紀)
1336年~1573年 室町

☆この頃に中国から日本にそろばんが伝わってきた

 

 
1573年~1603年 安土桃山

☆日本で五珠が1個のそろばんも作られるようになり、五珠が2個のそろばんと一緒にひろまった

☆文禄元年(1592年)文禄の役のときに前田利家が陣中でそろばんを使用した

日本で作られた五珠2個、一珠5個のそろばん。そろばんの下に板が収納され、引き出すと文字を書くときの台として使えるようになっている   (作製年代/江戸中期~後期)

五珠1個、一珠5個のそろばん          (作製年代/昭和初期~中期)

1603年~1868年 江戸

☆慶長17年(1612年)大津でそろばんが作られ始めた

☆日本で割り算九九が広まった

☆寛永4年(1627年)吉田光由が「塵劫記」を出版し、この本とともにそろばんが普及する

☆関孝和によって、日本の数学(和算)が発達した

☆寺子屋(江戸での呼び方は手習所)が増え始め、日常に役立つ教育として読み・書き・そろばんや道徳などが教えられた

 

☆文政13年(1830年)「算法新書」が刊行された

☆足し算、引き算が珠算の学習に大切と考えられるようになった

「塵劫記」(作製年代/江戸中期)図形の計算法が解説されている       
 

吉田光由 著「算法指南書」(作製年代/江戸中期)

 
 
 
1912年~1926年 明治

☆西洋の数学が入ってきた

☆明治5年(1872年)三重県に「伊勢百日算」が生まれた

☆明治6年(1873年)小学校での算術に珠算が採用された

☆五珠1個のそろばんが多くなる

☆明治35年(1902年)貯金局でそろばん競技会が開かれた

☆明治40年(1907年)文部省から「小学算術書珠算教師用」が発行された

 
1912年~1926年 大正

☆五珠1個、一珠5個のそろばん(五つ珠そろばん)が使われるようになった

☆二指法が多くなってきた

☆大正14年(1925年)文部省固定教科書で掛け算九九が「総九九」となる

 
1926年~1989年 昭和

☆昭和元年(1926年)高等小学校で珠算を学ぶことになった

☆昭和2年(1927年)検定試験が始まる

☆割り算九九が使われなくなり、商除法が普及し始めた

☆四つ珠そろばんが多くなってきた

☆昭和10年(1935年)尋常小学校で算術に珠算が必修となった

☆昭和11年(1936年)全国珠算競技大会が初めて開かれた

☆昭和28年(1953年)社団法人全国珠算教育連盟が設立される

☆昭和36年(1961年)アジア珠算会議が開催される

☆世界各国へ珠算が普及され始める

☆昭和40年(1965年)目が不自由な人のための検定試験が初めて実施される

☆昭和43年(1968年)8月8日が「そろばんの日」と決められる

桁ごとに素材が違うそろばん(作製年代/20世紀)

対面そろばん                         向き合いながら同時にはじくことができる(作製年代/20世紀)

 
面白い数の記録方法
沖縄のわら算(作製年代/20世紀)
藁に結び目を作り、数量をあらわす。20世紀初頭まで使われていた。古代インカ帝国にもにたようなキープというものがある。
1989年~2019年 平成

☆平成20年(2008年)そろばんが宇宙へ行く

☆平成25年(2013年)全国珠算教育連盟が公益社団法人の認定を受ける

☆平成26年(2013年)日本そろばん資料館が開設される

☆平成27年(中国、2014年)そろばんが世界遺産に登録

☆平成27年(2014年)由緒書きのある日本最古のそろばんが発見される

 

 

掲載されているすべてのイラストや写真の著作権は、黒川速算塾石原教場及び原作者に帰属します。営利・非営利に関わらず、当サイトのイラストや写真を許可なく複製、転用、販売など、二次利用することはご遠慮ください。